PCソフトの不正コピーに悩まされているソフトメーカーの方へ

 「ソフトウェアはコピーして使うもの」という悪しき風潮が長年続いております。
 本来アプリケーションソフトは、PC1台につき1ライセンスの購入が原則であり、無断コピーは不正で著作権法上違法であるにもかかわらず、半ば公然と行なわれてしまいます。
 もちろん不正使用を行なっている側が違法であることは間違いないのですが、その状況でも多くのソフトは全く無防備な状態(ノンプロテクト)で販売されています。
  どうしてソフトメーカーは、自らの著作権を守る処理(プロテクト処理)を施さないのでしょうか。それは、プロテクト処理の技術的な難しさとコスト面にあると思われます。  

 『プロテクターK』は、開発されたアプリケーションやテンプレートなどに短時間で簡単にプロテクト処理を施し、ソフトメーカーが抱える著作権問題を解決します。

プロテクターKの多彩で柔軟なプロテクト処理

 『プロテクターK』は、ソフトウェアにプロテクトをかけるのを手助けするためのシステムkey(プロテクトキー)で、USBメモリタイプとFDタイプの2種類用をご用意しております。
  プロテクターKはUSBメモリ(またはFD)に特殊処理を施すことにより、システムkeyを不正にコピーして作ったとしてもそれを検知するようになっています。
  「正規のシステムkey」か否かの判断はシステムkey内にある ChkOrgKey.DLL が提供する CheckOrgSystemKey関数により行います。
  システムkeyに当該ソフトウェアであることを認識させるファイル(INIファイル)とライセンス数を管理するファイル(ライセンス管理ファイル)を持たせることでインストールプログラムにもプロテクト処理を簡単に施すことができます。

  また『プロテクターK』には、ソースプログラムを修正する事なく直接「実行プログラム」にプロテクト処理を施すための簡易ツールとして、「Easy Protector」も標準装備されております。単一のプログラム(EXEファイル)にプロテクトを施す場合にご利用ください。

 プロテクターKはプログラム結合度が弱く、柔軟な設計思想を基に構築されているので多様な「プロテクト処理」を実現します。

ソフトウェアにプロテクトをかける2つの方法

  

①ソースプログラムを修正してのプロテクト処理

 処理は単純で要は、「プロテクトを施したい部分で関数を呼ぶ」だけです。プロテクトを施したい部分でDLLが提供する関数をCALLし、その結果をチェックする事によりプロテクト処理を実現するのであらゆるケースに対応できます。
代表的な3つのケースを紹介します。

1.インストールプログラムにプロテクト処理を施す
インストールプログラムの先頭で「正規のシステムキー」を所有しているかをチェックし、製品のインストールを抑制する。

2.アプリケーションプログラム全体にプロテクト処理を施す
アプリケーションプログラム起動時に、プログラムが「正規のシステムkey」から起動されているか(又は「正規のシステムkey」が装着されているか)をチェックし、プログラムの動作を抑制する。

3.アプリケーションプログラムに部分的にプロテクト処理を施す
アプリケーションプログラム起動時にはチェックは行わず、コピーしたものでも起動出来、プロテクト処理が施されていない部分は使用できるようにする。 アプリケーションの重要な機能に対してプロテクト処理を施し、「正規のシステムkey」から起動されている(又は「正規のシステムkey」が装着されている)場合のみ機能を使用可能にし、プログラムの動作を部分的に抑制する。

②「Easy Protector」を利用し、ソースコードを修正せずに実行プログラムにプロテクト処理

 実行プログラムにプロテクトを施すための簡易ツール「Easy Protector」を利用して、プロテクトを施したいプログラムのソースコードを修正する事なく、プロテクト処理を行ないます。DLLに関する知識を必要とせず容易にプロテクトを施すことができます。
 但し、プロテクトチェックのタイミングがプログラム起動時に固定されているため、より詳細なプロテクト処理を施したい場合には不向きで、単一の実行プログラムにプロテクト処理を施す場合に使用してください。

「Easy Protector」の使用形態としては、以下の3つの形態が考えられます。

  1. プロテクトされたプログラム一式をプロテクターK(USBメモリ)に含め、プログラムをUSBメモリからのみ起動できるようにする。

  2. プロテクトされたプログラム一式を任意のフォルダに格納し、PCにプロテクターK(USBメモリタイプ)がセットされている場合のみ起動できるようにする。

  3. プロテクトされたプログラム一式を任意のフォルダに格納し、PCにプロテクターK(FDタイプ)がセットされている場合のみ起動できるようにする。


いずれの方法でも簡単にプロテクトをかけることができます。

さらに詳細な資料はこちらから→

よくある質問体験版の請求問合せ

許認可シリーズ