インストール、機種変更、ハードウェアの破損等について


全製品共通


入国管理、書類職人及び『一本勝ち』シリーズを除く全製品共通

建許くん


インストール、機種変更、ハードウェアの破損等について
製品メディア(USBメモリ)の使用上の注意を教えて下さい
  1. USB機器を取り外す場合、デバイスを停止させないで取り外すとUSB機器を破損す る場合がありますので注意が必要です。
    • USBを抜き取る前に、必ず「USBメモリの取り外し」処理を行って下さい。
      「USBメモリの取り外し」はタスクトレイ右の「ハードウェアの取り外し又は取り出し」又は「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックし、該当するUSBメモリをクリックして下さい。
      尚、セットアップ終了直後、又は「マイコンピュータ」若しくは「コンピュータ」でUSBメモリのフォルダを表示している場合は「USBメモリの取り外し」を拒否される場合があります。その様な場合には、USBメモリのフォルダが閉じてある事を確認し、セットアッププログラムを終了して2~3分経過した後、再度「USBメモリの取り外し」を行って下さい。
    • どうしても「USBメモリの取り外し」が拒否されてしまう場合は、Windowsのシャットダウンを行い、電源がOFFになった状態でUSBメモリを抜き取り、再度パソコンの電源をONにして下さい。
  2. 当製品のUSBメモリはセットアップ専用のUSBメモリです。データのバックアップ等、他の目的では絶対に使用しないで下さい。セットアップ出来なくなります。
  3. USBメモリを紛失した場合にはUSBメモリ再作成は出来ません。買い直しとなります。
↑戻る

インストールの仕方がわかりません

【メディアがCDーROMとFDの場合】

  1. FDとCDを両方セットして下さい。
  2. 最初の画面が表示されますので「セットアップ開始」をクリックして下さい。
  3. しばらくすると「ようこそ」の画面が出ますので、画面の指示に従って進めて下さい。

【メディアがUSBの場合】

  1. USBメモリを挿入して下さい。
  2. ①自動再生ウインドウが開く場合には「許認可申請書シリーズのセットアップの起動」をクリ ックして画面 の指示に従って進めて下さい。
    ②自動再生しない場合は、画面左下の「スタート」をクリックして、スタートメニューの「コンピュータ(又はマイコンピュータ)」をクリックします。表示されるUSBメモリ「USB_KEY_1」をダブルクリックします。更に「Uinst.exe」をダブルクリックし画面の指示に従って進めて下さい。


↑戻る

インストールが出来ません-「FDドライブ1に該当するDISK1をセットして下さい」と表示されます

FDは挿入されていますか?

  1. 同封のFDを挿入して「OK」をクリックして下さい。
  2. 「続行」をクリックして下さい。
↑戻る

インストールが出来ません-「インストールプログラムが見つかりませんでした」と表示されます

CDを挿入せずにFDだけ挿入し、「コントロールパネル」からインストールされていませんか?

  1. 「コントロールパネル」を閉じ、CDを挿入して下さい。
  2. 画面が表示されたら「セットアップ開始」をクリックして下さい。
  3. 後は、画面の指示に従って続けて下さい。
↑戻る

インストールが出来ません-指示通りCDとFDを入れたが何も出て来ません

  1. 「マイコンピュータ」→「CD-ROMドライブ」をダブルクリックして下さい。
  2. フォルダ等が表示されたら「Inst.exe」(許認可申請書シリーズ)をダブルクリックして「セットアップ開始」よりインストールして下さい。
    フォルダが表示されない場合は、一旦CDとFDを抜いてパソコンを再起動して下さい。
  3. 再起動後、CDとFDを挿入して下さい。
↑戻る

インストールが出来ません-指示通りUSBメモリを入れたが何も出て来ません

  1. 「マイコンピュータ」→「USB_KEY_1」をダブルクリックして下さい。
  2. フォルダ等が表示されたら「Uinst.exe」をダブルクリックして「セットアップ開始」よりインストールして下さい。
    フォルダが表示されない場合は、一旦「USBメモリの取り外し」を行い、パソコンを再起動して下さい。
  3. 再起動後、USBを挿入して下さい。
↑戻る

インストールが出来ません-「インストールできません。インストール可能件数:1、既インストール件数:1」と表示されます

既に別のパソコンにインストールされていませんか?
ご購入頂いている台数分しか、インストールできません。パソコンを変えたい場合は、「キーの引上処理」で入れ替えを行って下さい。

↑戻る

機種変更の仕方を教えて下さい

  1. まず、「ファイル管理」で入力データのバックアップを取って下さい
    (SYSTEM_DISKをバックアップに使用しないで下さい)。
  2. 今までご使用になっていたパソコンで、「キーの引上処理」をして下さい。
  3. 新しいパソコンにインストールして下さい。
  4. バックアップしたデータを「ファイル管理」で復元して下さい。
↑戻る

キーの引上処理

【メディアがCD-ROMとFDの場合】

  1. 入力データのバックアップを取っていない場合は、まず「ファイル管理」で空のFD等にバックアップを取って下さい(SYSTEM_DISKをバックアップに使用しないで下さい)。
  2. 起動している製品を終了し、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックして下さい。
  3. CDとFDでお送りしている場合:該当バージョンのFD(SYSTEM_DISK)を挿入して下さい。
    FD版の場合:該当バージョンの1枚目のFD(SYSTEM_DISK #1)を挿入して下さい。2枚目以降は、引上には使いません。
    ※セットアップされているバージョンと同じバージョンのFDを使用して下さい
  4. 「名前」欄に「FDドライブ名:\○○REL」と入力して「OK」をクリックして下さい。
    「○○REL」には、各製品毎のコマンドを入力して下さい。
      製品名 コマンド
      ・建許くん KENREL
      ・宅建業 TAKREL
      ・Dr.経審 KEIREL
      ・経審くん KEIREL


    例えば、FDドライブが「A」、建許くんの場合「A:\KENREL」と入力して下さい。

    引上処理画面が表示されたら「実行」をクリックして下さい。

  5. 「選択したアプリケーションとそのすべてのコンポーネントを完全に削除しますか?」というメッセージが表示されたら「はい」をクリックして下さい。
  6. 上から順にチェックが入り最後に「OK」が表示されるのでクリックして下さい。
  7. 「確認メッセージ」が表示されたら(法人税は表示されません)読んだ上で、「はい」をクリックして下さい。
  8. 画面が全て消えてから、FDを抜いて下さい。
  9. 入れ替えたいパソコンにインストールして下さい。インストール手順は最初と同じです。
  10. インストールが終了したら、「ファイル管理」でバックアップした入力データを復元して下さい。

↑戻る

【メディアがUSBの場合】

  1. 入力データのバックアップを取っていない場合は、まず「ファイル管理」で空のFD等にバックアップを取って下さい(セットアップ用USBメモリをバックアップに使用しないで下さい)。
  2. 起動している製品の終了後、USBメモリを挿入し、「許認可申請書シリーズのセットアップの起動」をクリック して下さい。

  3. セットアップ開始をクリックするとセットアッププログラムが起動します。
  4. メンテナンスセットアップの画面が出ます。「削除」を選択し、「次へ」をクリックします。
  5. ファイル削除の確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックするとキーの引き上げができます。
  6. セットアッププログラムの終了後「USBメモリの取り外し」を行い、USBメモリを抜き取って下さい。
  7. 入れ替えたいパソコンにインストールして下さい。インストール手順は最初と同じです。
  8. インストールが終了したら、「ファイル管理」でバックアップした入力データを復元して下さい。

    注意点:Windowsの調子が悪い等の理由でアンインストール作業が成功しない事があります。最後まで行って一見成功したように見えても、製品は動かなくなったがキーは戻っていないという現象が起きることがあります。このような場合は、FD又はUSB再作成となりますのでご了承下さい。
 

パソコンが壊れたのですが、どうしたら良いですか

  • パソコンが壊れたので別のパソコンにインストールしようとしたが出来ない

    2台目となるのでインストールできません。

  • パソコンが壊れたので修理に出して(中身が空になって)戻ってきたのでインストールしようとしたが出来ない

    中身が消えてしまうと、その製品が入っていないのでUSB(又はFD)は別のパソコンと見なしてしまいます。

    この場合「USB(FD)再作成」となります。

【メディアがFDの場合】

FD(CDとFDの場合はFDのみ、FD版の場合は全て)をお送り下さい。再作成料の実費として1システム当たり1,500円(税込)申し受けます。
ご入金の確認が取れ次第、お送りいただきましたFDを再作成してお返しいたします。

【メディアがUSBの場合】

USBをお送り下さい。再作成料の実費として1システム当たり3,000円(税込)申し受けます。
ご入金の確認が取れ次第、お送りいただきましたUSBを再作成してお返しいたします。

再作成をご希望の場合は、必ずサポートセンターへお申し込み下さい。

↑戻る

ショートカットの作り方を教えて下さい

  1. 「スタート」で右クリック→「開く(開く-All Users)」→「プログラム」をダブルクリック→「許認可申請書シリーズ」をダブルクリック。
  2. 該当の製品のアイコンをマウスの右ボタンでデスクトップにドラッグして下さい。
  3. 手を離すと小さいウインドウが表示されますので「ショートカットをここに作成」をクリックして下さい。

    ※くれぐれも「ここにコピー」や「ここに移動」を選ばないよう注意して下さい。
↑戻る

Windows Vistaへのインストールの仕方

まず、次のどちらに該当するかご確認下さい。

A:インストールする製品がWindows Vista対応の製品だけの場合
B:インストールする製品がWindows Vista非対応の製品がある場合

お持ちの製品がWindows Vista対応しているかは【Windows-Vista対応一覧】でご確認下さい。
※ Bに該当する方は、製品インストール後も[ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる]のチェックマークを外したまま、ご使用下さい。

尚、A・B共に引上処理する場合はインストールを行ったユーザーアカウントで作業を行って下さい。

(Aの場合)

ご使用になるユーザー(但し、administrator権限付)でインストールして下さい。

(Bの場合)

  1. [スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]を開いて下さい。
  2. メニューの中から[コマンドプロンプト]を右クリックし、「管理者として実行」を選択して下さい。
  3. コマンドプロンプトで[net user administrator /active:yes]と入力して、[Enter]キーを押して下さい。
    (既にAdministratorアカウントが有効になっている場合は、この操作は不要です)
  4. 「ユーザーの切り替え」でAdministratorでログインし直して下さい。
  5. [スタート]→[コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]を開いて下さい。
  6. [ユーザーアカウント制御の有効化または無効化]をクリックして下さい。
  7. [ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる]のチェックマークを外して下さい。
  8. パソコンを再起動し、製品をインストールして下さい。
  9. インストール終了後、[ユーザーの切り替え]で本来のユーザーアカウントにログインし直して下さい。
↑戻る


全製品共通

数字が入力できなくなりました

  1. 数字入力をテンキーで行っている場合、キーボードの上に横に並んでいる数字で入力してみて下さい。
    ここで入力できる場合は、テンキーでの数字入力が効かなくなっています。
  2. キーボードの「Num Lockキー」を押して下さい。キーを押すと電気が付きます。
  3. もう一度テンキーから数字を入力して下さい。

    ※気づかないうちに「Num Lockキー」を押してしまう事がありますので、数字が入力できなくなったときは、このキーを押して下さい。
↑戻る

「リソースが不足しています」と表示されます

他にアプリケーションを起動している場合は、そのアプリケーションを終了して下さい。再度画面を開いてもこのメッセージが表示される場合は、パソコンを再起動して下さい。
他にアプリケーションを起動していない場合は、パソコンを再起動してから、再度画面を開いて下さい。
通常は、これでエラーは出なくなります。

これで解決しない場合は、「システムリソース」が残り何%になっているかを確認して下さい。
アプリケーションを起動する時点で残りが60~70%位無いと、アプリケーションソフト(この製品に限らず)を起動するのが危険な状態です。
「システムリソース」の残りが少ない場合は、増やして下さい。

【リソースの確認の仕方】

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「リソースメーター」をクリックして下さい。
  2. 画面中央に説明の画面が表示されたら、「OK」をクリックして下さい。
  3. 右下の時間が表示されているところに、四角で下の方が緑(又は黄、赤)色になっているアイコンが表示されますので、右クリックして「詳細」を選択して下さい。

    【リソース】
    アプリケーションを起動すると「リソース」というものを使用します。起動する度に減っていき、通常は終了するときに解放していくのですが、アプリケーションによっては解放していないものがあります。この場合は、他のアプリケーションが何も動いていないのにリソース不足のメッセージが出ますが、パソコンを再起動して頂くと全て解放されますので直ります。
    再起動で直らない場合は、「常駐ソフト」がたくさんあることが考えられます。

    【常駐ソフト】
    常にスタンバイ状態で、ワンクリックで起動出来ようになっているソフトです。ここに登録されていると、起動していなくても、起動しているときと同じようにリソースを使用しています。出来る限りここに登録するアイコンを減らして頂かないと、リソースは増やせません。画面右下の時間が表示されているところに並んでいるアイコンのうちの幾つかが、常駐ソフトです。
    常駐ソフトの解除方法は、製品によって異なります。アイコンを右クリックすると解除出来る項目が出てくるものもあれば、起動して解除するものもあります。各メーカーに確認して解除して下さい。

    【リソースを増やす】
     リソースは、ハードディスクの容量やメモリを増やしても、増やす事は出来ません。
    常駐ソフトを解除して、増やして下さい。
↑戻る
入国管理を除く全製品

「顧客マスタが開けません」と表示され起動できません

(建許くんを例に説明)

 一部のお客様より、今まで正常に起動していたのに、突然「顧客マスタが開けません。」と表示され起動出来なくなったとの声を頂いております。
 原因は不明ですが、これは使用しているデータベースエンジンが正常に動作しなくなった時に表示されるメッセージで、下記操作にて正常に起動出来るように成るようです

  1. 建許くんのショートカットのプロパティーを開く
  2. プロパティーのウィンドウで「詳細設定(D)」をクリックし、「管理者として実行」にチェックマークを付ける。
  3.          操作方法はここをクリック
↑戻る

印刷すると端が切れてしまいます

ご使用のプリンタの印字可能領域が狭いために切れてしまうと思われます。
次のいずれかで、対応して下さい。

  1. 「印刷」→「拡大・縮小」→「拡大・縮小率」で100%より少しだけ縮小すると見た目は変わらず端も切れなくなります。
  2. 「印刷」→「拡大・縮小」→「印刷開始位置」で全体を動かして下さい。
    横補正:右へ動かすときは+、左へ動かすときは-
    縦補正:下へ動かすときは+、上へ動かすときは-

    ※他の様式にも影響があるのでご注意下さい。
↑戻る

用紙サイズは変更できますか

  1. 「印刷」→「拡大・縮小」→「拡大・縮小率」を入力して、「OK」をクリックして下さい。
  2. 「プリンタ変更」→該当プリンタの「プロパティ」→「用紙サイズ」、「向き」を設定して下さい。
  3. 「OK」をクリックして下さい。
  4. 「用紙選択」を「手動」に変更して印刷して下さい。

    ※この設定は印刷画面を終了すると元に戻ります。
↑戻る

複数枚数印刷が出来ません

  1. プリンタドライバによっては、印刷画面の部数が効かないものがあります。印刷画面で「プリンタ変更」を開いて下さい。
  2. この画面にある部数を2部にして頂くと2部出力できます。
    ただし、ここでの設定は帳表毎ではないので、出力部数が異なるものは別々に設定して印刷して下さい。
  3. 印刷画面の部数は、「1」として下さい。
↑戻る

顧客は何件登録できますか

ハードディスクの容量にもよりますが、顧客コードが英数字8桁入力できますので数は制限が無いに等しいです。

↑戻る

「共通情報」とは何ですか

当社の製品を複数ご使用頂いている場合、同じ顧客を各々の製品に登録する際に何回も同じ情報を入力するのは結構手間がかかります。「共通情報」に顧客データを登録して頂くと、各製品でそれを呼び出す事が出来ますので、何度も入力する手間を省く事が出来ます。
また、会計事務所(行政書士事務所)情報を登録する事が出来ますので、事務所名・住所・電話番号・行政書士名等を登録しておくとそのデータも利用できます。
もちろん、「共通情報」で入力しなくても各々で登録する事も出来ます。

↑戻る

「ファイル管理」はどのように使うのですか

ファイル管理とは、入力データの様々な管理を行う機能です。
各機能については、各々の説明をご覧下さい。

データの複写(バックアップ):「ファイル管理」→「複写」
複写したデータの復元:「ファイル管理」→「復元」
顧客の削除:「ファイル管理」→「削除」
顧客コードの変更:「ファイル管理」→「顧客データコピー」

↑戻る

データの複写(バックアップ)の仕方を教えて下さい

「ファイル管理」→「複写」を使用します。

  1. 製品を起動→「ファイル管理」→「複写」をクリックして下さい。
  2. 「複写先、復元元の選択」で複写先を選択して下さい。FDに複写する場合は空のFDを挿入して下さい。
  3. 「決定」をクリックして下さい。
  4. 「顧客の選択」で複写する顧客に1件ずつEnter又はダブルクリックで●印を付け、「実行」をクリックして下さい。
    FDに複写する場合、1枚に複写できる件数は製品毎に異なります。
    また、1件のデータの量によっては最大件数まで入らない場合もあります。
    建許くん:10件
    宅建業:10件
    Dr.経審:20件
    経審くん:20件
  5. 「顧客の選択」に表示されていた一覧が消えたら完了です。製品を終了して下さい。

    ※複写先に同じ顧客コードがある場合は、事業年度が異なっていても上書きしますので、前回のデータは消えます。
↑戻る

データの復元の仕方を教えて下さい

「ファイル管理」→「復元」を使用します。

  1. 製品を起動→「ファイル管理」→「復元」をクリックして下さい。
  2. 「複写先、復元元の選択」で復元元を選択して下さい。
  3. 「決定」をクリックして下さい。
  4. 「顧客の選択」で復元する顧客に1件ずつEnter又はダブルクリックで●印を付け、「実行」をクリックして下さい。
  5. 「顧客の選択」に表示されていた一覧が消えたら完了です。製品を終了して下さい。

    ※ハードディスクに同じ顧客コードがある場合は、事業年度が異なっていても上書きしますので、前回のデータは消えます。
↑戻る

顧客の削除の仕方を教えて下さい

「ファイル管理」→「削除」を使用します。

  1. 製品を起動→「ファイル管理」→「削除」をクリックして下さい。
  2. 「顧客の選択」で削除する顧客に1件ずつEnter又はダブルクリックで●印を付け、「実行」をクリックして下さい。
  3. 「顧客の選択」に表示されていた一覧が消えたら完了です。製品を終了して下さい。

    ※ハードディスク上のデータを削除します。一旦削除したデータは、バックアップデータが無いと復元できませんので注意が必要です。
↑戻る

顧客コードの変更の仕方を教えて下さい

「ファイル管理」→「顧客データコピー」を使用します。
まず別のコードにコード以外のデータを全てコピーし、その後元のデータを削除します。

  1. 製品を起動→「ファイル管理」→「顧客データコピー」をクリックして下さい。
  2. 「顧客の選択」でコピーする顧客にEnter又はダブルクリックで●印を付けて下さい。
  3. 右上に新しいコードを入力する欄が表示されますので、コードを入力してEnterを押して下さい。
  4. 顧客名の右に新しいコードが表示されたら、「実行」をクリックして下さい。
  5. 「顧客の選択」に表示されていた一覧が消えたらコピーできています。
  6. コードの変更を行う場合は、元のデータを削除して下さい。
    7.全て完了したら、製品を終了して下さい。
↑戻る

他にも、期毎にデータを残しておく為にこの機能を利用する事が出来ます。

  1. 1期分のデータ作成が終了したらコピーを行って下さい。
  2. 上記処理を行って別の期の分のデータを作成します。コードに年度を付けると、区別し易くなります。期毎にコードを分けておくと、いつでも以前のデータを見る事が出来ます。
 

様式について-建許くん:東京都・神奈川県以外、Dr.経審及び経審くん:東京都以外には対応しないのですか

現時点では、予定はございません。

↑戻る

様式について-様式が異なるので直して下さい

建許くんは東京都と神奈川県、Dr.経審と経審くんは東京都の様式に準拠して作成しておりますので他県に合わせる変更できません。

↑戻る

「0円」と出力したいのですが、出来ません

  1. 「0」と入力したい項目にカーソルを持って行って下さい。
  2. 画面左上の「0出力指定(F4)」をクリック(又はF4を押す)して下さい。
    画面に「0」と表示され、印刷もされます。「0」と入力する代わりに、ここをクリックして下さい。
    消すときはもう一度クリックして頂くと消えます。
↑戻る

箱に文字と濁点が一緒に出力されてしまいます

  1. 入力画面を開いて下さい。
  2. 例えば、「が」の時、一旦「が」を消して下さい。
  3. 「か」と入力して確定して下さい。
  4. 次に「゛」を入力して下さい。
    「゛」が入力出来ない場合は、画面左上の「編集」→「濁点入力」をクリックして下さい。
    このように1つずつ入力すると、別々の箱に印刷されます。
↑戻る

箱に1文字ずつ出力する項目を印刷すると文字化けしてしまいます(意味不明の記号等が出力される)

  1. 入力画面を開いて下さい。
  2. その項目で半角文字で入力されている文字(カッコ、数字、ハイフン、スペース、カタカナ等)がありますので、全角文字に変更して下さい。

    ※1文字ずつ箱に出力するので、ここの項目は全て全角文字で入力して下さい。半角文字が混ざると、そこから先がズレて文字が割れてしまうので、文字化けしてしまいます。
↑戻る

箱に1文字ずつ出力する項目を印刷すると1つの箱に2文字出力されます

  1. 入力画面を開いて下さい。
  2. その2文字は半角文字で入力されていますので、全角文字に変更して下さい。

    ※1文字ずつ箱に出力するので、ここの項目は全て全角文字で入力して下さい。半角文字2つで全角文字1つですので、半角文字が2つ並んでいると、1つの箱に入ってしまいます。場所によっては、文字化けすることもあります。
↑戻る

何枚も出力される用紙のうち、1枚だけ出す事は出来ませんか

印刷の画面からの出力はページの指定が出来ませんので、入力画面のプレビューから印刷して下さい。

  1. 入力の画面を開いて下さい。
  2. 該当の画面(例えば工事経歴書なら、その工事の画面)を開いて下さい。
  3. 「プレビュー」をクリックして下さい。
  4. 「前ページ」「次ページ」で出力したいページを表示させてから「印刷」をクリックして下さい。
    今表示されているページだけを出力する事が出来ます。
↑戻る

代表者の氏名に「代表取締役」と付けたいのですが、どのようにすれば良いのですか

  1. 「顧客の登録・修正」を開き、その顧客を選んで下さい。
  2. 「代表者氏名」で名前の前に「代表取締役」と入力して下さい。
↑戻る

建許くん

工事経歴書(様式第二号)や財務諸表の合計が出力されません

  1. 入力画面を開いて下さい。
  2. 計(合計)欄は入力ですので、入力して下さい。。入力欄の右にあるグレーの項目には計算結果が表示されていますが、これは「計算参照値」です。出力されませんのでこの値を参考にして左の欄に入力して下さい。

    ※千円単位なので単純な計算では誤差が出るため「計算参照値」として表示だけしています。
↑戻る

工事経歴書(様式第二号)の金額順の並べ替えがうまくいきません

  1. 印刷画面を開いて下さい。
  2. 「出力指定(F4)」を選択して下さい。
  3. 「工事経歴書(様式第二号)の出力方法」で「2:請負金額の大きい順に出力」と 設定して下さい。

    ここを設定してもうまくいかない場合
  4. 「工事経歴書(様式第二号)」の入力画面を開いて下さい。
  5. 「請負代金の額」欄には金額を入力する場所が2カ所(上段:カッコ付きの項目、下段:付いていない項目)ありますが、カッコが付いている方に入力されていると思われます。この欄は、工事進行基準を適用する場合の「完成工事高」を入力する欄ですので工事進行基準を適用しない場合は入力しないで下さい。「請負代金」はカッコの付いていない下段に入力して下さい。並べ替えは、上段が入力されていれば上段の金額、入力されていなければ下段の金額で行います。

    ※画面表示の並べ替えは出来ません。印刷(プレビュー含む)のみです。
↑戻る

事業年度が変えられません

  1. 「顧客の登録・修正」を開き、その顧客を選んで下さい。
  2. 「事業年度」を変更して下さい。
↑戻る

 


究極のプロテクトツール
プロテクターK

申請書作成ソフト
一本勝ちシリーズ

申請書作成ソフト
許認可申請書シリーズ

 


体験版ダウンロード


ユーザーサポート


  窓口のご案内


  よくある質問


  ダウンロード

 

ご質問・ご相談
0422-49-5887